WACOMのペンタブのカーソル位置がずれる。原因はまさかのドライバのバグ

私はWACOMのペンタブレットCTL490を使ってますが、ペイントソフト(Gimp)使用時にカーソル位置と実際の描画位置がずれるという症状が発生しました。1日がかりでようやく直ったので、原因と対処方法をメモしておきます。同じような症状でお困りの人がいたら参考にしてください。

このページの目次

症状

私の場合は以下のような症状が発生しました。

  • マルチディスプレイ環境でペンタブを使ってGimpで描画するとずれる
  • シングルディスプレイだとずれない

どうも怪しいポイントは「デュアルディスプレイ」にあると思われます。シングルディスプレイにすれば問題ないのですが、PCの作業効率を考えるとデュアルディスプレイでの使用は私にとって必須です。

本当に困り果てました。

原因

1日がかりでようやく原因にたどり着きました。その原因は何とWACOMのドライバのバグ

WACOM公式サイトのQ&Aにもこのバグについて以下のように記載されています。

最新ドライバにアップデートすると、CLIP STUDIO PAINT やSAIなどのキャンバス上で、ペン先とカーソルの描画がずれる。【2018年9月23日更新】

2018年9月21日に更新致しました当該症状の対策ドライバにおいて、軽微なバグを確認したため、現在改めて動作確認を行っております。WCOM公式サイトQ&A

上記のQ&Aでは「軽微なバグ」として記載されていますが、使っている身としては全然軽微じゃありません。本当に困ったんですよ、、、。

そして、2018/9/27に再度、Q&Aを確認するとページが更新されていました。下記の通り対策済みのドライバが出たようです。

【2018年9月26日更新】

2018年9月26日に更新した最新タブレットドライバ V6.3.31-4にて、改善を確認しております。WCOM公式サイトQ&A

しばらくは無理かと半分あきらめていたのですが、予想していたよりも対応が早かったです。よかった~。

対策

早速、新しいドライバに更新しました。具体的には以下のことを行いました。

  1. タブレットドライバをいったんアンインストール
  2. 不具合対策済のドライバV6.3.31-4をインストール

私の場合はこれで、症状が解消されました。よかった~。


原因が分かってみれば単純なことだったのですが、そこにたどり着くまでに結構苦労しました。同じような症状で困っている人が世の中にはきっといるはず。そう思ってここに原因と対策をメモしておきました。

コメント

記事No.206

コメントをどうぞ