ASUSノートPCのメモリを増設(4GB→8GB)しました。その結果、Windows10の起動や単体ソフトの起動・操作では効果なし。複数ソフトの同時使用の場合は、ソフト起動時間や操作スピードが大幅に向上。十分体感できるレベルで早くなりました。メモリ増設の様子と効果のビフォーアフターをまとめます。

ASUSノートPC

今回メモリを増設したPCです。

ASUS VivoBook F542U

2018年9月に家電量販店で6万円ちょうど(税込)で購入したASUS VivoBook F542Uです。安価な割に、Core i3を搭載していて、液晶も1920 × 1080のFHDと、かなりコストパフォーマンスが良い15インチノートです。

スペックは下の通り。

項目 仕様
機種 ASUS VivoBook(15インチノート)
型式 F542UA
CPU Intel Core i3-7100U, 2.4GHz
メモリ 4GB
HDD 1TB (5400rpm)
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
OS Windows10  64bit

このPCに4GBメモリを増設して、もともと積んでいる4GBと合わせて合計8GBにしようというのが今回のメモリ増設計画です。

増設前の使用感

メモリ増設前の使用感はちょっと「難あり」です。

ワードやエクセルをちょっと使う程度なら問題なく動作しますが、Chrome、Atom、Gimpなどを同時に立ち上げてブログを書いたりすると一気に動作が重くなります。

それもそのはず。複数ソフトを起動するとメモリ使用量は簡単に90%を超えてしまうから。どのくらい重くなるかというと、Chromeで新規タブ開くのに30秒~1分かかるくらい遅くなります。せっかくCPUにCore i3を積んでるのに、メモリ不足のせいで本来の性能を全く発揮できてないとてももったいないPCです。

おそらくメモリ4GBのWindows10のPCはどれも似たような使用感だと思います。

増設したメモリ

今回増設したメモリです。

Crucial 4GB SODIMMメモリー

↑Crucialの4GB SODIMMメモリ。規格はDDR4のPC4-19200 (DDR4-2400)です。容量こそ4GBとあまり大きくありませんが、最近の規格に適合したまぁまぁ早いメモリです。Amazonで税込5050円でした。

Crucial 4GB SODIMMメモリー(裏)

↑型番はD4N2400CM-4Gです。

このメモリにした理由は2つ。一つは、PCにもともと付いているメモリがPC4-2400なので、同じ規格のメモリにしたかったということと。もう一つは同規格のメモリの中でも比較的安価でかつ購入者の評価が高かったからです。

メモリ梱包状態1

↑Amazonnで注文した4日後に我家に到着しました。

メモリ梱包状態2

紙袋の中にスッポーンと入れてあるだけ。簡易包装ですW

メモリの増設方法

メモリの増設方法です。

注意

メモリ増設により生じたPCの不調は、保証適用外となる場合があります。PCの取説・保証書をよく確認し、自己責任にて行ってください。またPCによってメモリ増設の可否や増設の方法は異なります。

ASUS F542U(裏面)

↑PCの裏面にメモリスロットのフタがあります。フタはプラスねじ1本で止められています。かなり細めのプラスドライバーでないとねじ山がつぶれてしまうので注意。

ASUS F542Uの裏フタを開けたところ

↑フタを開けるとこんな感じです。メモリースロットは2つあり、そのうち1つには4GBメモリ(SK Hynix社製の4GB PC4-2400)が付いています。今回は空いている方のスロットにメモリを増設します。

メモリ装着完了

↑はい、メモリ取り付けが終わりました。斜め上からスライドさせるように差しこみ、奥まで差し込んだら上からカチッと音がするまで押さえればOK。道具は何もいりません。簡単です。

マイコンピュータ画面

↑PCの電源をON。ちゃんとメモリ8GB認識されました。よかった~。

速さを測定

無事にメモリが増設できたので、PCの速度をざっと測りました。

シングルタスク

単体ソフトの起動時間ビフォーアフターです。

タスク 増設前 増設後
電源ON→Windows起動完了 3分00秒 3分11秒
Windowsの再起動 3分22秒 3分30秒
Chrome起動 21秒 19秒
Gimp起動 40秒 35秒
Atom起動 75秒 76秒
Adobe Premiere Elements11起動 62秒 57秒
PCシャットダウン 31秒 36秒

う~ん。Windowsの起動や、シングルタスクには効果が見られませんね~。もともとシングルタスク程度ならメモリが足りていたと考えるとまぁ妥当な結果です。Windowsの起動が早くならないかと少し期待していたのですが、それも効果なしでした。おそらく5200rpmのHDDがWindows起動速度のネックになっているのだと思います。

マルチタスク

マルチタスクの効果は、数値では測っていませんが、体感で劇的に早くなりました。
メモリ増設前は複数のソフトを起動するとしょっちゅう固まってしまって、とても作業にならなかったのですが、メモリ増設後は、複数のソフトを同時に使用してもサクサク動くようになりました。

ベンチマークを測定

いくつかソフトを使ってPCのベンチマークを測定をしました。

WinSAT

Windowsに標準搭載されているWinSatでパフォーマンスを測定しました。

関連記事

WinSatでパフォーマンスを測定する方法はこちら→「PCのパフォーマンス測定方法【Windows10】

WinSAT測定結果(増設前)

↑増設前

WinSAT測定結果(増設後)

↑増設後 GraphicsScoreは5.9→6.6へ向上し、MemoryScoreは5.9→8.7へ向上しました。

ドラゴンクエストX

ドラクエXでのベンチマーク測定をしました。

このソフトについて

トラゴンクエストXが快適にプレイできるかどうかをチェックするためのソフトです。スクウェア・エニックスが配布しているフリーソフトです。→公式ダウンロードページ

DQXベンチマーク測定(メモリ増設前)

↑増設前

DQXベンチマーク測定(メモリ増設後)

↑増設後 スコアが4959から7076に向上しました。

CrystalDiskMark

CrystalDiskMarkでHDDの読み書きスピードの測定をしました。

このソフトについて

ハードディスクの読み込み/書込みのスピードを測定するソフトです。ひよひよ氏制作のフリーソフトです。→公式ダウンロードページ

CrystalDiskMark測定結果(増設前)

↑増設前

CrystalDiskMark測定結果(増設語)

↑増設後 目立った変化はありませんでした。ハードディスクの読み書きは、ディスクの物理的な回転速度に大きく依存するので、メモリを増設しても効果はありませんね。(SSDなら効果があるのかな?)

まとめ

今回のメモリ増設(4GB→8GB)の結果をまとめるとこうなります。

項目 効果
Windows起動時間 ×(効果みられず)
1ソフトの起動・操作時間 ×(効果みられず)
複数ソフトの起動・操作時間 〇(効果大 かなりサクサクに)
ベンチマーク測定 〇(グラフィックスとメモリのスコア向上)
HDD読み書き速度 ×(効果みられず)

私の主観ですが、「メモリ4GBのWindows10を使っている人は絶対メモリ増設した方がいい」と思います。快適さが全くちがいます。5年も使えばメモリ代ぐらい十分に元がとれますよ。