XMedia RecodeでMOVからmp4へ変換する時のおすすめ設定5パターン

「XMedia RecodeでMOVファイルをmp4へ変換したいけど、どう設定すればいいのか分からない」という人へ、私が実際に使っている設定を目的・用途別に5パターン紹介します。あなたの目的に合った設定がきっと見つかります。

おすすめ設定まとめ

XMedia RecodeでMOVからmp4に変換するオススメ設定のまとめです。

一覧リスト

おすすめ設定は5パターンあります。クリックで各設定方法へジャンプします。

パターン 目的 形式 画質 ファイルサイズ 補足
①劣化なし 画質劣化なしで変換 MOV→MP4 ★★★★★ 元と同じ MP4に変換するだけ
②高画質 高画質でファイルサイズをす半分に MOV→MP4 ★★★★ 元の1/2 あまり使わないかも
③汎用 使いやすい画質とファイルサイズ MOV→MP4 ★★★ 元の1/5 イチオシ 迷ったらこれ
④軽量 とにかくファイルサイズを小さく MOV→MP4 ★★ 元の1/10 ネット動画とかに
⑤解像度変更 動画のタテヨコサイズ(解像度)を下げる MOV→MP4 解像度による 元動画の解像度が高すぎるときに

画質比較

各パターンの画質は下のスクリーンショットを参考にしてください。(クリックで拡大)

元の画質

元の画質

①劣化なし

パターン1の画質

②高画質

パターン2の画質

③汎用

パターン3の画質

④軽量

パターン4の画質

⑤解像度変更

パターン5の画質

いずれもiPhone6で1分の短い動画(解像度は1,920×1,080)を撮影しMOVからMP4へ変換したものです。ぱっと見は似たような感じですが、背景の雑草などを比べると画質の差が分かると思います。

①劣化なし:画質の劣化なしで変換する

結婚式や子供の入学式など「永久保存したい大切な動画」を、画質を劣化させずにデータ形式だけ変換したい場合のおすすめ設定です。

パターン1の画質

このパターンの特徴

  • 画質★★★★★
  • 〇最高画質で劣化なし!
  • ×データ変換時間が長い(めやす:元動画の再生時間×6)
  • ×ファイルサイズが小さくならない(元動画とおなじ程度のサイズ)

このパターンの設定方法

このパターンの設定手順は以下の通りです。

形式タブの設定

プロファイルを「カスタム」、形式を「MP4」、ファイル拡張子を「mp4」に設定します。

形式タブの設定

映像(一般)タブの設定

レート制御モードを「品質」、品質を「1」に設定します。

映像(一般)タブの設定

音声トラック1(一般)タブの設定

ソースの音声情報が記載されているのを確認してください。

そしてサンプルレートをソースと同じ値、チャンネルをソースと同じ値、レート制御モードを「平均ビットレート」、ビットレートをソースと同じ値にします。

音声トラック1(一般)の設定

元動画ファイルのプロパティを確認

元動画ファイルを右クリック→「プロパティ」→「詳細」タブの中に記載されている「データ速度」を確認します。

元ファイルのプロパティ

映像(レート制御)タブの設定

VBVバッファサイズとVBV最大ビットレートに、④で確認した元ファイルの「データ速度」と同じ値を入力します。

映像(レート制御)タブの設定

以上でパターン①の設定は完了です。「+リストに追加」→「エンコード」を押すと、動画の変換が始まります。変換にかかる所要時間のめやすは、動画の再生時間×7です。

②高画質:高画質でファイルサイズを半分に

高画質は維持したいけどファイルサイズもできれば小さくしたい。という方ににおすすめの設定です。

パターン2の画質

このパターンの特徴

  • 画質★★★★
  • 〇画質はすごく良い(ホントに劣化してるの?と思う高画質)
  • 〇ファイルサイズを元動画の約半分に減らせる
  • ×データ変換時間が長い(めやす:元動画の再生時間×5)

このパターンの設定方法

このパターンの設定手順は以下の通りです。

形式タブの設定

プロファイルを「カスタム」、形式を「MP4」、ファイル拡張子を「mp4」に設定します。

形式タブの設定

映像(一般)タブの設定

レート制御モードを「品質」、品質を「1」に設定します。

映像(一般)タブの設定

音声トラック1(一般)タブの設定

ソースの音声情報が記載されているのを確認してください。

そしてサンプルレートをソースと同じ値、チャンネルをソースと同じ値、レート制御モードを「平均ビットレート」、ビットレートをソースと同じ値にします。

音声トラック1(一般)の設定

元動画ファイルのプロパティを確認

元動画ファイルを右クリック→「プロパティ」→「詳細」タブの中に記載されている「データ速度」を確認します。

元ファイルのプロパティ

映像(レート制御)タブの設定

VBVバッファサイズとVBV最大ビットレートに、④で確認した元ファイルの「データ速度」×0.5の値を入力してください。

映像(レート制御)タブの設定

以上でパターン②の設定は完了です。「+リストに追加」→「エンコード」を押すと、動画の変換が始まります。変換にかかる所要時間のめやすは、動画の再生時間×5です。

③汎用:使いやすい画質とファイルサイズ

画質はわりとキレイでファイルサイズをかなり小さくできる設定です。画質とファイルサイズのバランスがとれていて、一番使い勝手が良い設定です。私のイチオシです!

パターン3の画質

このパターンの特徴

  • 画質★★★
  • 〇画質はけっこう良い(よーく見てやっと劣化が分かる程度)
  • 〇ファイルサイズを元動画の1/5に減らせる
  • ×データ変換時間がやや長い(めやす:元動画の再生時間×4)

このパターンの設定方法

このパターンの設定手順は以下の通りです。

形式タブの設定

プロファイルを「カスタム」、形式を「MP4」、ファイル拡張子を「mp4」に設定します。

形式タブの設定

映像(一般)タブの設定

レート制御モードを「品質」、品質を「1」に設定します。

映像(一般)タブの設定

音声トラック1(一般)タブの設定

ソースの音声情報が記載されているのを確認してください。

そしてサンプルレートをソースと同じ値、チャンネルをソースと同じ値、レート制御モードを「平均ビットレート」、ビットレートをソースと同じ値にします。

音声トラック1(一般)の設定

元動画ファイルのプロパティ

元動画ファイルを右クリック→「プロパティ」→「詳細」タブの中に記載されている「データ速度」を確認します。

元ファイルのプロパティ

映像(レート制御)タブの設定

VBVバッファサイズとVBV最大ビットレートに、④で確認した元ファイルの「データ速度」×0.2の値を入力してください。

映像(レート制御タブ)の設定

以上でパターン③の設定は完了です。「+リストに追加」→「エンコード」を押すと、動画の変換が始まります。変換にかかる所要時間のめやすは、動画の再生時間×4です。

④軽量:とにかくファイルサイズを小さく

画質は問題なく見れるレベルをギリギリ保ちつつ、ファイルサイズをとにかく小さくする設定です。この設定よりもファイルサイズを小さくすると汚い印象の画質になります。

パターン4の画質

このパターンの特徴

  • 画質★★
  • 〇ファイルサイズを元動画の1/10に減らせる
  • 〇データ変換時間はやや短め(めやす:元動画の再生時間×3)
  • ×画質はギリぎり(視聴には十分耐えられるがキレイとはいえない)

このパターンの設定方法

このパターンの設定手順は以下の通りです。

形式タブの設定

プロファイルを「カスタム」、形式を「MP4」、ファイル拡張子を「mp4」に設定します。

形式タブの設定

映像(一般)タブの設定

レート制御モードを「品質」、品質を「1」に設定します。

映像(一般)タブの設定

音声トラック1(一般)タブの設定

ソースの音声情報が記載されているのを確認してください。

そしてサンプルレートをソースと同じ値、チャンネルをソースと同じ値、レート制御モードを「平均ビットレート」、ビットレートをソースと同じ値にします。

音声トラック1(一般)の設定

元動画ファイルのプロパティ

元動画ファイルを右クリック→「プロパティ」→「詳細」タブの中に記載されている「データ速度」を確認します。

元ファイルのプロパティ

映像(レート制御)タブの設定

映像(レート制御)タブを開き、VBVバッファサイズとVBV最大ビットレートに、④で確認した元ファイルの「データ速度」×0.1の値を入力します。

映像(レート制御)タブの設定

以上でパターン④の設定は完了です。「+リストに追加」→「エンコード」を押すと、動画の変換が始まります。変換にかかる所要時間のめやすは、動画の再生時間×3です。

⑤解像度変更:解像度を下げる

動画のタテヨコのサイズ(解像度)を小さくする設定です。元動画のタテヨコサイズが大きすぎるので解像度を落としたい場合などに使えます。画質は落とさない設定ですが、画素数が減るため、大きな画面で拡大表示すると荒く見える場合があります。

パターン5の画質

このパターンの特徴

  • 〇縦横サイズを小さくした分だけファイルサイズも小さくなる
  • ×拡大すると荒い

このパターンの設定方法

このパターンの設定手順は以下の通りです。

形式タブの設定

プロファイルを「カスタム」、形式を「MP4」、ファイル拡張子を「mp4」に設定します。

形式タブの設定

映像(一般)タブの設定

レート制御モードを「品質」、品質を「1」に設定します。

映像(一般)タブの設定

音声トラック1(一般)タブの設定

ソースの音声情報が記載されているのを確認してください。

そしてサンプルレートをソースと同じ値、チャンネルをソースと同じ値、レート制御モードを「平均ビットレート」、ビットレートをソースと同じ値にします。

音声トラック1(一般)の設定

元動画ファイルのプロパティ

元動画ファイルを右クリック→「プロパティ」→「詳細」タブの中に記載されている「データ速度」を確認します。

元ファイルのプロパティ

クロップ/レビュー タブの設定

クロップ/レビュー タブを開き、解像度の欄に任意の幅と高さを入力してください。

クロップ/プレビュータブの設定

映像(レート制御)タブの設定

VBVバッファサイズとVBV最大ビットレートの欄に、④で確認した元ファイルの「データ速度」 × 元ファイルの画素数 ÷ 変換後の画素数の値を入力します。

画素数は、画素数=幅×高さで計算します。変換前と変換後の画素数をそれぞれ計算してください。

映像(レート制御)タブの設定

以上でパターン⑤の設定は完了です。「+リストに追加」→「エンコード」を押すと、動画の変換が始まります。パターン5の所要変換時間は解像度によります。例えば、幅と高さを元動画の半分にする場合、変換時間めやすは再生時間×2です。

まとめ

Xmedia RecodeでMOVからmp4へ変換する時のオススメ設定を紹介しました。

気に入った設定が見つかったでしょうか。

5パターン紹介しましたが、設定の基本的な考え方は、元の動画ファイルのデータ速度をもとにして、そこからどれだけ画質を下げるかを調節するのがポイントです。

画質を下げると映像は荒くなりますが、その分ファイルサイズを小さくすることができます。画質とファイルサイズでお好みのバランスを探すといった感じですね。

あと、解像度を下げるのもファイルサイズ縮小にかなり効果があります。元の動画の解像度が高すぎる場合は、とりあえず解像度を下げると扱いやすいファイルサイズにできる場合も多いです。

では、良い動画ライフを!

コメント

記事No.90

コメントをどうぞ