WordPressのバックアップを取るプラグイン「BackWPup」の設定内容です。週一回、WordPressを丸ごと(DB、設定ファイル、画像等のファイル、プラグイン、テーマ)バックアップする設定です。

BackWPup→設定

まずは、「BackWPup」→「設定」からBackWPup全体の設定をします。

「一般」タブ

デフォルトのまま変更なし。

BackWPup(一般タブ)

「ジョブ」タブ

デフォルトのまま変更なし。

BackWPup(ジョブタブ)

「ログ」タブ

管理しやすくするためフォルダを変更。また、容量削減のためファイル数上限を10に減らした。

BackWPup(ログタブ)

「ネットワーク」タブ

デフォルトのまま変更なし。

BackWPup(ネットワークタブ)

「APIキー」タブ

デフォルトのまま変更なし。

BackWPup(APIキータブ)

「情報」タブ

入力する箇所なし。

BackWPup(情報タブ)

BackWPup→ジョブ

次に「BackWPup」→「ジョブ」からジョブを設定します。

「一般」タブの設定

分かりやすいジョブ名に変更。アーカイブ名も管理しやすい名前に変更。バックアップファイルの保存方法は「フォルダー」と「Dropbox」を選択。

BackWPup(一般タブ)

「スケジュール」タブ

週一回(日曜3時)に設定。必要あれば週二回にする。

BackWPup(スケジュールタブ)

「DBバックアップ」タブ

デフォルトのまま。全テーブルをバックアップする。

BackWPup(DBバックアップタブ)

「ファイル」タブ

デフォルトのまま。ほぼ全てのファイルをバックアップする。

BackWPup(ファイルタブ)

「プラグイン」タブ

デフォルトのまま変更なし。

BackWPup(プラグインタブ)

「宛先:フォルダー」タブ

格納するフォルダーを分かりやすい場所に変更。(ログファイルと同階層)

BackWPup(宛先:フォルダータブ)

「宛先:Dropbox」

保存先フォルダーをサイト名に変更。保持するファイルを10に変更。

BackWPup(宛先:Dropboxタブ)

以上で、サーバーとDropboxに週一回WordPressが丸ごとバックアップされます。サーバーとDropboxの容量が足りているかを月一くらいでチェックします。