LibreOfficeでプログラムを書くには、「LibreOffice Basic」という独自言語を使いますが、コードの冒頭にoption vbasupport 1と一行書くだけでVBAでコードを記述することができるようになります。LibreOfficeのために新たに言語を覚えるのが面倒な人にとってはVBAが使えるのはとてもありがたいですね。

LibreOfficeイメージ

VBAを使用する手順

LibreOfficeでVBAを使用する手順を説明します。

エディタを起動

「ツール」→「マクロ」→「マクロの管理」→「LibreOfficeBasic マクロ」と選択する

マクロを新規作成

マクロの記録先に「〇〇.ods」を選択し「新規作成」をクリック。

モジュール名入力ウィンドウが開くのでモジュール名を入力して「OK」クリック。

補足

マクロの記録先に「マイマクロ」を選択すると、現在開いているodsファイル以外でも使用できる汎用マクロになります。

エディタが開く

マクロを編集するエディタが開きます。

コードの冒頭に1行追加

コードの冒頭にoption vbasupport 1と記述すると、VBAのコードを記述することができるようになる。

補足

VBAと完全互換ではありませんが、私が試したところ、基本的な構文はおおむねOKでした。