phpMyAdminで大きなデータをMySQLにインポートできない場合の対処法

phpMyAdminで大きなサイズのデータをインポートしようとすると、エラーが出てインポートできない、または途中までしかインポートできないことがあります。その場合にphp.iniを変更せずにで対処する方法を説明します。

インポートできない原因

インポートできない原因は、phpMyAdminの最大インポートサイズまたは最大処理時間をオーバーしたことが原因です。

php.iniの設定でこれらの値を一時的に大きくすればエラーが出なくなりますが、レンタルサーバーの場合は、値の変更ができない場合が多いと思います。

その場合には、データを分割して何回かに分けてインポートします。BigDumpというツールを使うと、この面倒な作業を自動で行ってくれます。

大きなデータをインポートする方法

BigDumpを使って大きなデータをMySQLにインポートする方法を説明します。

インポートするファイルを準備

事前に、MySQLにインポートするファイルを.sql形式で準備しておきます。

補足

BigDumpでインポートできるデータ形式は.sqlです。csvファイルはサポートしていないので、csvファイルをインポートしたい場合は事前にsqlファイルへ変換してください。(csv→sqlへの変換方法はググってください)

BigDumpをダウンロード

BigDumpのサイト(https://www.ozerov.de/bigdump/)に行き、右の方にある「Download spript」からzipファイルをダウンロードします。

BigDumpのサイト

zipを解凍

ダウンロードしたzipを解凍します。解凍するとbigdump.phpが現れます。

bigdump.phpに設定を記入

bigdump.phpをテキストエディタで開き、「$db_server」「$db_name」、「$db_username」、「$db_password」が書かれている箇所にインポート先のMySQLの情報入力します。下図は例です。

bigdump.phpの設定

サーバーに作業用フォルダを作成

サーバーの公開フォルダに「bigdump」という名前で作業用フォルダを新規作成します。その中に「bigdump.php」と「インポートしたいsqlファイル」を保存します。

補足

作業用フォルダは、インポートが終わったら削除します。

ブラウザで表示

ブラウザでhttp://〇〇〇.com/bigdump/bigdump.phpを表示すると下記のように表示されます。フォルダに保存したsqlファイルがリストアップされていることを確認します。

BigDumpインポート画面

補足

作業用フォルダを作成した階層によってURLは異なります。階層に応じてURLは適宜変更ください。

インポートを開始する

Start importをクリックするとデータのインポートが始まります。しばらく何もせずに待ってください。

インポートがある程度進行すると下の画面に切り替わりり、インポートの進度が表示されます。

BigDumpインポート中の画面

インポート完了

下記のようにグリーンのメッセージが表示されたらインポート完了です。ちゃんとインポートできているか念のためphpMyAdminなどで確認してください。

BigDumpインポート完了メッセージ画面

作業用フォルダを削除

最後にサーバーから「bigdump」フォルダを削除します。

重要

セキュリティの面で重要です。忘れずに削除してください。

BigDumpを使って大きなデータをMySQLにインポートする方法の説明は終了です。お疲れ様でした。

記事ID:540

この記事へのコメント

コメントをどうぞ

関連記事