Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する方法にはいくつかあります。その中で一番簡単な「Google Analytics オプトアウト アドオン」を使う方法を紹介します。

Google Analytics オプトアウト アドオンとは?

Googleが公式に提供している、Chromeの拡張機能の一つです。

この拡張機能は、ChromeからGoogleアナリティクスへ情報送信をストップします。つまり「Google Analytics オプトアウト アドオン」を自分が使うChromeに入れることで、Googleアナリティクスのアクセスデータから自分のアクセスを除外することができます。

導入方法

Google Analytics オプトアウト アドオンの導入方法を説明します。

「Google Analytics オプトアウト アドオン」へ行く

Google Analytics オプトアウト アドオン←リンク

ダウンロード

下図のページが表示されたら、ボタンをクリックして、Googleアナリティクス オプトアウト アドオンをダウンろーそします。

Google Analyticsオプトアウト ダウンロード画面

「+CHROMEに追加」をクリック

ダウンロードが終わると下の画面に切り替わるので、「+CHROMEに追加」をクリックします。

Google Analyticsオプトアウト Chromeへ追加画面

「拡張機能を追加」をクリック

確認のウィンドウが表示されるので「拡張機能を追加」をクリックします。

Google Analyticsオプトアウト 確認画面

導入完了

下のメッセージが表示されれば、Google Analyticsオプトアウト アドオンの導入完了です。

Google Analyticsオプトアウト 完了メッセージウィンドウ

補足:有効/無効の切り替え方法

有効/無効の切替方法は、Chromeのウィンド右上にある「設定」から「その他のツール」→「拡張機能」と進み、下図のスイッチで「有効」「無効」を切り替えることができます。

Google Analyticsオプトアウト 切替画面

「無効」にするとGoogleアナリティクスに情報が送られるようになります。

GoogleAnalyticsオプトアウト アドオンが動作しているか不安な方は、有効/無効を切り替えた場合にGoogle Analyticsのリアルタイムデータの値が変化するかを確認すると良いと思います。

除外できないケース

Google Analyticsオプトアウトアドオンで自分のアクセスを除外できないケースが2つあります。

Chrome以外のブラウザで閲覧した場合

Chrome以外のブラウザ(Internet Explorerや、FireFoxなど)でウェブサイトを閲覧した場合は、自分のアクセスを除外できません。

スマホで閲覧した場合

Google Analyticsオプトアウト アドオンはスマホには非対応のため、スマホで閲覧した場合はたとえChromeを使っていても、自分のアクセスを除外できません。

まとめ

  • Google Analytics オプトアウト アドオンを使えば、Googleアナリティクスから簡単に自分のアクセスを除外できる
  • Chrome以外のブラウザや、スマホで閲覧した場合のアクセスは除外できない